頭皮かゆみ解決法は!かゆみ止め対策にはシャンプーが鍵!

頭皮のかゆみは放っておけないイライラの原因今すぐ解決策!

1頭皮かゆみ解決には?

自分でできる解決策の一つとして、普段使用しているシャンプーを替えることで、頭皮の痒み、頭皮湿疹、フケ、などの解消できる二種類のシャンプーをご紹介いたします。


① アミノ酸系シャンプー「すこやか地肌美容液シャンプーを見る」

自然派のシャンプー頭皮が滑らかスッキリ


②ミコナゾール硝酸塩が入っている「コラージュフルフルシャンプーを見る」

お医者さんがオススメするシャンプー「コラージュフルフル」

ミコナゾール硝酸塩は頭皮の常在菌(マラセチア菌)脂漏性皮膚炎になる菌の増殖を抑える働きをする。


2シャンプーによる刺激対策、正しいシャンプーの仕方、選び方

2−1シャンプー仕方

①クッションブラシで、髪の毛をブラッシングして髪の毛の通りをよくし、

地肌へも軽い刺激になり血行をよくします。

②十分にお湯で予洗いします。

かなり十分に予洗いをしてください。

予洗いで髪の毛、頭皮の汚れが70パーセントは落ちます。

この時のお湯の温度は38度前後でぬるめで流します。

温度が高いと頭皮の乾燥と皮脂の分泌が多くなります。

③その後、手のひらにシャンプーを取り、手のひらの上で泡だててから、

④頭皮にシャンプーをつけます、指の腹で頭皮をやさしくマッサージするように、

揉み込んで洗います。

⑤しっかりとすすぎます


2−2 シャンプー選び方

シャンプーはその7割から8割が水でできています。

残りの2割から3割が洗浄剤としての働きを持つ「界面活性剤」が占めているのです。

そのシャンプーの特徴は「界面活性剤」にあるということです。

界面活性剤とは、簡単に言えば「水と油を混ぜあわせる力を持った物質」です。

油と水を混ぜあわせることができる界面活性剤を加えることで油を水に溶かしこみ、

簡単に汚れを落とせます。

界面活性剤はこのような効果を持つため、シャンプーなどの洗浄剤に広く活用されています。

シャンプーに配合されている界面活性剤の種類からそのシャンプーの特性をまとめてみました。


①高級アルコール系シャンプーの特徴として

各メーカーのシャンプーで多少ことなりますが、

主に下記のようなものです。

・高い洗浄力
・良好な発泡性
・比較的強めの刺激性

・頭皮に刺激が強く頭皮にトラブルがある人は絶対に使用しない!


②セッケン系シャンプーは、アルカリ性の陰イオン界面活性剤です。

特徴として

・洗浄力が高い
・アルカリ性による毛髪への摩擦上昇の懸念
・敏感肌には刺激になることも


③アミノ酸系界面活性剤は「低刺激」の洗剤として

敏感肌の方でも安心して洗浄が可能です。

特徴はこちらです。

・敏感肌向け
・洗浄力が低い
・ダメージヘアにも使用できる

・頭皮トラブル、かゆみ、フケ、かさぶた、等の心配がある人は特にオススメのシャンプーです!

シャンプーに含まれる刺激成分が少ないので、頭皮に余分な刺激を与えることがありません。

肌に優しい成分で作られている為、頭皮を刺激することなく洗うことができます。

通常のシャンプーは洗浄力が強すぎるので頭皮に必要な皮脂までも洗い流してしまう恐れがあります。

頭皮の皮脂を洗い流してしまうと頭皮が乾燥するのでフケが出やすくなってしまいます。

アミノ酸系のシャンプーは、適度な洗浄力で、頭皮に必要な皮脂は残し、不要な汚れだけ洗い流してくれます。

頭皮・髪を健やかに保ち、また、フケやかゆみも抑える効果があります。

アミノ酸には保湿効果があるため、乾燥知らずになれます。

詳しいアミノ酸系シャンプーを見る


2−3 頭皮美容液

頭皮用美容液は頭皮を保湿する効果の高い化粧水です。

頭皮を保湿することにより頭皮の乾燥を防ぐことができて、頭皮の痒みやフケ、

頭皮湿疹や脂漏性皮膚炎などの頭皮トラブルを予防する効果もあります。

さらに頭皮を保湿する効果により、加齢による頭皮の老化を防ぐ効果もあるので、

アンチエイジング商品として女性に人気があります。




2−4 睡眠

睡眠不足になると、成長ホルモンの分泌が減り、

皮膚や筋肉など体組織の修復力が衰えてしまいます。

成長ホルモンには、

皮膚や骨、筋肉といった体組織を修復・再生する作用があります。


2−5 食事・サプリ

眠りを誘う食品、
トリプトファンは体内で合成することができない必須アミノ酸なので、

食事などで摂る必要があります。

トリプトファンを多く含む食品。

乳製品やナッツ類、大豆、肉類、魚類、卵などを適度に取り入れてみてください。

トリプトファンが原料になり、セロトニンが作られ、

さらにセロトニンがメラトニンの分泌を促進して、眠りへとつながっていきます。

納豆、(ビタミンb2)

牡蠣(亜鉛)

レバー(ビタミン)

高野豆腐(タンパク質亜鉛、イソフラボン、ビタミンe)

焼き海苔(ビタミンc ,副腎皮質ホルモンスト レスからの抜け毛に効果)

緑黄色野菜(ビタミンa ビタミンb2)

ナッツ類(タンパク質、ビタミンE)

柑橘類

イワシ

乳製品主な栄養素はタンパク質、亜鉛、ビタミンA、C、E、サプリメント等で補う。
貴方の頭皮痒み、頭皮トラブルにお役に立てることを願っています。


3頭皮雑菌!対策!

頭皮には雑菌やダニが数多く繁殖している、

頭皮の脂やフケなどをエサに増殖し

毛髪の生長サイクルを乱す働きをしそれが異常脱毛による抜け毛や薄毛の原因の一つとなることもある。


頭皮や皮膚表面にも善玉菌悪玉菌がありバランスが崩れるとトラブルが起きます。

頭皮の新陳代謝を高め適度な皮脂量を保つ皮膚常在菌のバランスを考えた、

スキャルプケアが頭皮の健康にとって重要なポイントになります。

そのなかで、皮膚常在菌の一種でカビの仲間である、

皮膚常在真菌(マラセチア菌)がフケの増加に関係があると言われています。

マラセチア菌はヒトの皮膚に普段から存在する常在菌ですが、

皮脂を好み、皮脂が多い環境下で異常増殖すると、

その代謝物が肌に炎症を引き起こすと考えられています。

 

マラセチアが皮脂や汗の多い環境を好むため、皮脂の過剰分泌は大きな原因の一つです。

男性ホルモンは皮脂分泌を促進することから、

脂漏性湿疹の患者は男性のほうが多いと言われていますが、

ホルモンバランスの乱れなどにより、女性にも珍しくない疾患です。

原因についてはわかっていない部分も多く、ストレス、ビタミンBの不足、不適当な洗顔や洗髪(すすぎ不足や洗いすぎ)、生活習慣の乱れなどもあげられます。


脂漏性湿疹のケア・治療法

炎症を抑えるためのステロイド外用薬と、マラセチアの増殖を抑えるための抗真菌薬が基本となります。

それに加え、かゆみの強い場合は抗ヒスタミン剤(内服)やビタミン剤(内服)を適宜使用していきます。

そして、薬による治療と並行して、以下の点を注意したセルフケアが必須になります。

・皮膚の清潔を心がけ、頭皮かゆみ用シャンプーすこやか地肌で毎日やさしく、かつしっかりと洗う

ビタミンB群を取り入れつつ、バランスのよい食生活をこころがける

・ストレスや過労に注意し、規則正しい生活と、十分な睡眠をとる

紫外線を避ける

マラセチアは皮脂が多いと繁殖し、頭皮に刺激を与えることで新陳代謝を活発にします。

通常のサイクル以上の速さで新陳代謝が進むとフケが大量に発生することになります。


3−1 頭皮乾燥

地肌の乾燥を招く要因に、

地肌の 「皮脂」 、誰の地肌にも存在する 「常在菌(マラセチア菌)」 、

これら3つのバランスが崩れると地肌のターンオーバーが早まり、地肌の潤いが奪われやすくなって、

地肌は乾燥しやすくなります。

対策としては、

頭皮、地肌用シャンプーを使用してシャンプーをして、

洗いすぎない、頭皮に保湿美容液を付ける等のことが望ましいです。


3−2 頭皮湿疹

頭皮にブツブツができている、かゆみがある、赤くなっている、という症状がある場合は頭皮湿疹の可能性が高いです。

頭皮湿疹には脂漏性皮膚炎、皮脂欠乏性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎などがあります。

なかでも多く見られるのが脂漏性皮膚炎です。

原因としては、マラセチア菌というカビが増殖し、そのせいで肌が炎症を起こすと言われています。


3−3 頭皮フケ

① 「乾性フケ」

② 「脂性フケ」

頭皮が乾燥しすぎて発生する乾性フケとは?

頭皮が乾燥しすぎることによって出るフケです。パラパラと白い皮膚が落ちてきて肩に積もるようなフケがこちらに該当します。

このフケの正体は、頭皮の表皮細胞が塊のままはがれ落ちたものです。

健康な状態であれば、表皮細胞は充分な時間をかけて角質層となり、目立たない形ではがれていきます。

頭皮から潤いが奪われてしまうとこのターンオーバーのサイクルが乱れて正常に機能しません。

すると大きな塊のままフケとなって頭皮からはがれてしまうわけです。


乾性フケの原因

頭の洗いすぎ」
フケには不潔なイメージがありますので、フケ対策としてはつい念入りに頭を洗ってしまう方が多いのですが、

実は乾性フケの場合には逆効果なのです。

シャンプーをしすぎると、頭皮の角質層にダメージを与えたり、必要な皮脂まで洗い流してしまい、

頭皮のバリア機能や水分保持力が低下してしまうからです。

健康な頭皮を保つためには皮脂は大切です。

頭皮は皮脂の層によって保護されています。

また、洗い方に問題がある方も目立ちます。

フケが気になるあまり、強い力で爪を立ててゴシゴシと洗っている、

これも皮脂を必要な分まで剥がすことになりますので、乾性フケを招いてしまいます。


脂性フケとは?

脂性のフケとは、ベタベタと脂っぽいフケのことです。

髪の毛にくっついたまま落ちないフケがこれにあてはまります。

ブラシやくしで髪の毛を梳かしても、髪の毛にへばりついて、取れない白い濡れた感じの皮膚が脂性フケです。

脂性フケは乾性フケとは反対に、頭皮の皮脂が多すぎることによって起こるものです。


脂性フケの原因

脂性フケの原因は、体質以外には主に2つです。

①頭が清潔に保たれていないこと。

何日も洗髪をしていなかったり、洗髪の仕方が下手だったりすると、

頭皮に皮脂や汚れが残りすぎてフケの原因となります。

②食生活の問題です。

脂っこい食品やナッツ類、香辛料などを好んで食べている方は皮脂の分泌量も多くなりますので、

脂性フケが発生しやすくなります。


頭皮ニキビ

ニキビができるまでの過程、

何らかの原因で、毛穴付近のターンオーバーが正常に行われなくなり、

肌に残った角質により、毛穴が塞がった状態になります。

すると、本来ならば毛穴から皮膚の表面に出て行かなくてはならない皮脂が溜まり、

毛穴が盛り上がった状態になります。

その状態の毛穴の中でアクネ菌が増殖すると炎症がおき、それがニキビとなるわけです。

では、なぜターンオーバーが正常に行われなくなってしまうのか、

その原因はさまざまです。

①知らず知らずに皮膚に刺激を与えて傷つけてしまっているせいかもしれませんし、

②ストレスからくるホルモンバランスの低下や、

③睡眠不足からくる細胞生成の機能低下などが影響しているかもしれません。


頭皮かさぶた

ただの「かさぶた」と思っているかもしれません。

しかしそれは脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)という病気かもしれません。

脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)

頭皮のかさぶたの正体はこの脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)である事が多いとされています。

この脂漏性皮膚炎は、皮脂の分泌が多く、湿気の多いジメジメした環境(梅雨など)で特に多く見られる皮膚炎です。

脂漏性皮膚炎は発症すると頭皮が赤くなり、かゆみを伴います。

このかゆみから頭皮を掻き、かさぶたやフケが発生してしまうものです。

かゆみの程度には、人によりかなりの個人差があります。

人の多くは顔や頭皮に皮脂腺が多い為、大半の人はこれらの部位にできてしまいます。

因みに頭皮は顔(Tゾーン)の2倍もの皮脂腺があると言われています。

あなたが額や鼻に汗を掻いていれば、頭皮はその2倍もの量の汗を掻いている事になります。

 


①マラセチア菌(真菌)による頭皮の刺激

②ビタミン不足(B2,B6)

③アルコール依存

④ストレス

⑤糖尿病

⑥肝疾患

実に多くの原因がある為、原因を特定するのが難しいとも言われていますが、

①「マラセチア菌」②「ビタミン不足」の上記2つが最有力候補とされています。


頭皮あかみ

頭皮が赤くなる(紅斑ができる)のは、皮下組織にある毛細血管が拡張するため。

健康な頭皮というのは、青白い色をしており、それが赤くなっているという事は、

頭皮がなんらかの原因によって、炎症を起こしていると考えられます。

この状態は、髪の毛もダメージを受けやすくなっており、頭皮にかゆみを伴う場合があります。

また、悪化すると、薄毛の原因になる恐れもあるので注意が必要です。

頭皮が赤くなる原因はいくつか考えられます。

頭皮へのダメージ、外部からのダメージを参考にしていただければ。

4 頭皮へのダメージ

 

紫外線やヘアーカラー、パーマなどの外部からの刺激による、頭皮ダメージが、かゆみ乾燥の頭皮トラブルを招く!

 

4−1 パーマ・ヘアーカラー

パーマ液は強烈なアルカリ性です。

一方で頭皮のPHは5の弱酸性です。

パーマ液で使う液体の1 つはPH9から9.5ですので頭皮上で強い化学反応を引き起こしていることになります。

通常のパーマは「1液(チオグリコール酸アンモニウム塩などのアルカリ性成分)」、

「2液(臭素酸ナトリウムや臭素酸カリウムなどの酸性成分)」という2種類の液体を使います。

頭皮にピリピリと刺激を感じることがあるのは、1液のアルカリ性成分がとても刺激が強く、皮膚が反応するからです。

その結果、湿疹や脂漏性皮膚炎、フケ、かゆみの原因にもつながってきます。

頭皮へのダメージは、カラーリング剤の刺激が強さによって染色の際に一時的に発生するダメージと、

カラーリング剤が頭皮に付着することで頭皮の角質を溶かして炎症や荒れの原因になったり、

毛穴をふさいだり不衛生になることによるダメージで決まります。

頭皮にダメージを与えないようにするポイントは、頭皮にカラーリング剤が直接付着しないように気をつけるということです。

また、今は誰でも手軽に自宅で髪を染めることができるようになったため、

染料をしっかりと落とせていないことで頭皮の環境が悪化してしまっている方もいます。

頭皮は手や足の皮膚と比べると浸透力が高い部分ですので、頭皮に与えるダメージは高くなります。


4−2紫外線

紫外線が毛髪の内部のメラニンを分解してしまうため、

健康な毛髪であったとしても、赤茶けた色になってしまい

毛髪のタンパク質を構成するシスティンという結合部分にもダメージが与えられてしまうため、

髪の毛が不自然なところですっぱりと切れてしまう、枝毛や切れ毛といった現象がおきるのです。

紫外線に直接当たらない、紫外線は頭皮を乾燥させ、

抜け毛やかゆみが多くなります。

髪の毛の分け目も赤く日焼けし、地肌が黒ずんでハゲてきます。

紫外線から頭皮を守りましょう。


まとめ

・頭皮かゆみの原因には頭皮雑菌や、パーマやヘアーカラー、シャンプーなどの

外部からの刺激によって起きることだったり。

・睡眠、食事などの栄養バランスが原因だったりしていますね。

・正しいシャンプーの洗い方や、シャンプーの選び方で改善される要素が大きいです。

・頭皮美容液、サプリメントも味方につけて快適なかゆみのない、

スッキリ頭皮で過ごしてください。

当サイト

「頭皮かゆみで湿疹やフケ原因は?|対策には生活習慣で出来る!」

から、貴方の快適な頭皮、地肌ライフを送れることを願っています!

頭皮かゆみ長年諦めてきた方々に使ってもらいたい「すこやか地肌美容液シャンプー」

脂漏性皮膚炎に効果!ミコナゾール硝酸塩が入っている「コラージュフルフルシャンプー」

  1. シャンプー

    脂漏性皮膚炎に効果!ミコナゾール硝酸塩が入っている「コラージュフルフルシャンプー…
  2. シャンプー

    頭皮かゆみ長年諦めてきた方々に使ってもらいたい「すこやか地肌美容液シャンプー」
PAGE TOP